企業情報
SMKトップ > 企業情報 > 企業理念

SMK「企業理念」

SMKは可能性の追求を通して
総合的な高度技術により、
情報社会の発展に寄与する。

SMK「行動指針」

  1. 社会への貢献を考え、誇りと自信をもって行動する。
  2. ユーザーの立場を考え、熱意と誠意をもって行動する。
  3. 高い目標を考え、失敗を恐れぬ勇気をもって行動する。
  4. 明るい社風づくりを考え、信頼と尊重をもって行動する。
  5. 世界の中のSMKを考え、国際的視野をもって行動する。

SMKグループ企業行動憲章

SMKグループは、公正な競争を通じて付加価値を創出する企業であると同時に、社会に役立つ存在であることが求められている。そのためSMKグループは、次の10原則に基づき、国の内外を問わず、人権を尊重し、全ての法律、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに社会的良識をもって行動する。

  1. 培った高度技術を通じて、品質、コスト、安全性に優れた製品を開発しユーザーに提供し、信頼を得る。
  2. 自主・自助・自律の精神に基づいた、公正、透明、自由な競争を行い、顧客、取引先、株主等のステークホルダーから理解と支持を得る。
  3. 社会とのコミュニケーションを促進し、高度情報ネットワーク化時代の「開かれた企業」として、企業情報を公正に開示する。また、個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底する。
  4. 環境保全の必要性を認識し、自主的、積極的に行動する。
  5. 従業員のゆとりと豊かさを実現し、快適で安全な職場環境を確保するとともに、従業員の人格、個性を尊重する。
  6. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
  7. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは関係を遮断する。
  8. 各事業所は各国地域の法律を遵守、人権を含む各種の国際規範を尊重し、現地の発展に寄与する経営を行う。
  9. 本憲章の精神を実現するために、経営トップはリーダーシップを発揮し、社内外の声を常時把握し、グループ関係者への行動規範の周知徹底と社内体制の整備を行うとともに、倫理観の涵養に努める。
  10. 本憲章の趣旨に反する事態が発生したときには、経営層が問題解決を指揮し、原因究明、再発防止に努めるとともに、社会への的確な説明、自らを含めた必要な措置をとる。

SMK環境憲章

基本理念

SMKは良き企業市民として社員一人ひとりが地球的規模で持続的発展が可能な社会に寄与するという自覚を持ち、総合的な高度技術により経済発展と環境保全の両立に努めます。

行動指針
  1. 環境にやさしい製品の開発をします。
  2. 物を大切にし、廃棄物を減少させます。
  3. 資源を大切にし、エネルギーを節約します。
  4. 3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進します。
  5. ムダのない購入・生産をします。