CSR
SMKトップ > CSR > 危機管理

危機管理

BCM (Business Continuity Management) への取り組み

■ BCP(Business Continuity Plan)の整備
SMKは以前から災害発生時の事業復旧・事業継続のための対応に取り組んできました。 2011年3月11日に発生した東日本大震災では、仕入先などサプライチェーンで大きな被害が発生しました。SMKでは調達先の変更や海外事業所での代替生産などの対応を行い、得意先様への影響を最小限に留める事ができました。この大震災を教訓に、SMKでは代替戦略と現地復旧戦略を組み合わせたBCPの見直しに全社を挙げて取り組むとともに、各種リスクを想定した演習を実施し、社員の危機対応力強化に努めています。
BCP演習の様子:アメリカ

■ 本社機能の事業継続性向上施策
ITシステムを免震データセンターに移設。また、停電発生時においても、定常業務を滞りなく継続できるよう、自家発電装置を設置しました。さらに、備蓄の充実や地域防災活動への協力など、さまざまな視点から災害時への対応を強化しています。 また、迅速な事業復旧・事業継続対応や従業員サポートのため、家族を含む従業員の安否確認システムを導入しています。

自然災害や感染症、暴動等へのリスク対応

台風や火山噴火、山火事などの自然災害あるいは、SARSや鳥インフルエンザ、最近ではエボラ出血熱やMARSなど様々な感染症が発生しています。また、暴動やテロも増加傾向にあり、リスクが増加してきています。SMKでは情報をいち早くキャッチし、注意喚起や通達など早急な情報発信を行うことで、社員や家族の安全を確保しています。