News List
SMKTOP > Press release list|April, 2016 ~ > SIGFOX対応無線モジュールを開発

(クリックで拡大)

SIGFOX対応無線モジュールを開発

 当社はこのほど、SIGFOX RCZ3Jに準拠した920MHz帯無線モジュール「WF923シリーズ」を開発し、受注を開始しました。
 SIGFOXは、LPWAの通信技術の一つで、免許不要な920MHz帯域を利用して、低コスト・省電力・長距離伝送の実現するIoTネットワークの方式として注目されています。日本においても2017年2月からサービスが開始されることから、社会インフラや各種生産管理、農業など様々な分野におけるIoT導入に採用されることが期待されています。
 「WF923シリーズ」は、TI社製SoC「CC1310」を搭載したプリントアンテナ内蔵小型・薄型タイプのモジュールです。外部アンテナを接続してお使いいただくタイプと併せて2機種をラインアップいたします。
 また、位置情報や環境モニタなどの用途に合わせて自社開発したアプリケーションを実装しているため、SIGFOX対応ネットワークとの通信を容易に実現することが可能です。
当社は今後もLPWAに対応可能なさまざまな無線通信用モジュールを拡充してまいります。

注記1)LPWA:「Low Power Wide Area」の略称。IoT/M2Mに適した省電力・長距離の通信を実現する省電力広域無線通信の呼称。
注記2) SIGFOXは京セラコミュニケーションシステム株式会社殿が日本で独占展開します。当社はSIGFOXエコシステムのパートナー企業です。


【製品の特長】
1. SIGFOX RCZ3Jに準拠
  • ・自社開発のアプリケーションを実装したSIGFOX対応モジュールです。
    (位置情報、環境モニタ(アナログ/デジタル)、パルス入力、パルスカウントなど)

    2. 小型・薄型タイプのモジュール
  • ・プリントアンテナを内蔵した小型・薄型(20mm(W)×35mm(D)×2.0mm(H)※)コネクタ接続タイプのモジュールです。外部アンテナ接続対応タイプも用意しています。※コネクタ部を除く

    3. SIGFOX対応機器に必要な各種認証を取得済みであり、お客様の認証作業の軽減に貢献します
  • ・WF923シリーズはモジュールとして、SIGFOX RCZ3J P1認証(モジュール認証)、TELECを取得しています。
    (ただし、セットでSIGFOX Ready™ Program認証(P2認証)が必要です)


    【使用用途】
    コンシューマエレクトロニクス機器、水道・ガス等の設備機器、セキュリティ関連機器、見守り関連機器、サプライチェーン関連機器、環境モニタ、など



  • 発表日 2016/11/11
    リリース番号 1072rd
    製品名 920MHz帯SIGFOXモジュール「WF923シリーズ」
    特長詳細

    1) SIGFOX RCZ3Jに準拠しています。
    2) プリントアンテナを内蔵した小型・薄型タイプのモジュールです。外部接続アンテナ接続対応タイプもラインアップします。
    3) 自社開発のアプリケーションを実装したSIGFOXモジュールです。
    4) SIGFOX RCZ3J P1認証、日本電波法(ARIB STD-T108)取得しています。

    主な仕様

    SIGFOX SIGFOX RCZ3J
    ペイロード長:Max.12bytes
    伝送速度:100bps
    上位インタフェース UART、I2C、デジタルI/O、AD
    電源電圧 DC 2.2V ~ 3.8V
    送信出力 +13dBm(Typ.)
    アンテナタイプ プリントアンテナ / 外部アンテナ
    外形寸法 20mm(W)×35mm(D)×2.0mm(H)(コネクタ部除く)
    動作温度範囲 -20℃ ~ +70℃
    受注活動開始時期 2016年11月
    サンプル価格 5,000円
    印刷用PDFファイルダウンロード
    PDF版のダウンロードはこちら


    製品レパートリー 通信モジュール 製品情報ページ
    お問い合わせ お問い合わせはこちら