カーエレクトロニクス市場への取り組み
SMKトップ > SMK カーエレクトロニクス市場への取り組み > カーエレ市場への取り組み(接続/connectivity)
Connectivity

背景

自動車のエレクトロニクス化はなおも進化しており、情報端末と車載モニターとのインターフェース、HEV、EVなどの次世代自動車でのパワートレインなどに繋ぐ技術が求められています。

現在の課題

・車両特有の振動、強度、ノイズに対応した高い接触信頼性を有した製品をご提供するとともに、 今後、高速データ通信を可能とする製品、より小型軽量化を目指した製品を開発してまいります。

SMKのご提案

・ノイズ対策を施し高速伝送化対応。
・耐高熱、耐強振動による幅広い車載用途。
・小型化による基板実装面積の削減。

製品ラインアップ

基板対FPCコネクタ 車載向けFPCコネクタのご紹介です。高い接触信頼性とFPC保持力、簡単で確実な操作性を有し、幅広い車載用途で採用いただいています。
高周波同軸コネクタ 高い周波数帯域に対応し、GPS、ETC、車載メディアなどにご使用いただける製品です。小型、省スペースにも対応します。
インタフェースコネクタ 車内のメディア機器を繋ぐコネクタです。車載仕様に対応した強度、良好な嵌合フィーリングを持ち合せた製品です。
ミニジャック 携帯メディア機器を車載機器へ入力するAUX端子等に使用されるコネクタです。多種多様なレパートリーを用意しています。
高速伝送 近年ご要求の高まっている高速データ通信に対応した製品です。オリジナル製品、各規格製品を用意しています。
メディアハブ 車内で携帯メディア機器を使用する際に、各入力端子に対応できるようにしたユニット製品をカスタム仕様にて作成します。
サンプル等のお問い合わせはこちら 電波新聞掲載
技術紹介記事

高速伝送

HSDコネクタ
LVDS/USB2.0/Ethernet (イーサネット) などの高速伝送に対応しています。
USCAR-30規格対応 5Pコネクタ
ケースとホールドダウンをコネクタと一体化し、一括での実装を可能としました。実装工程の簡易化及び組立作業性の向上に貢献します。

メディアハブ

多様化する外部機器との接続に対応するためメディアハブ(Media Hub)の需要が高まっています。
SMKでは、お客様のニーズに応じて各種コネクタの複合ユニットでの提供が可能です。
※カスタム対応

MediaPort

サンプル等のお問い合わせはこちら