カーエレクトロニクス市場への取り組み
SMKトップ > SMK カーエレクトロニクス市場への取り組み > カーエレ市場への取り組み(HMI)
HMI Human Machine Interface

背景

自動車の電子化、さらにはスマート化に伴い、ドライバーに伝えたい情報が膨大かつ多岐に渡るようになってきています。
その結果、より多くの情報を正確にドライバーに伝えるため、HMIの向上が重要課題となってきています。

現在の課題

・情報通信を活用した搭載機器の多様化に伴い、ドライバーに求める操作体系が複雑化。ドライバーの負荷を軽減する操作性、ブラインドタッチを実現するためのインプットデバイスが求められています。

SMKのご提案

・直観的な入力が可能でかつスマホやタブレットとの親和性も高いインプットデバイスをご提供します。

製品ラインアップ

タッチパネル 従来の抵抗感圧式タッチパネル(ガラス/ガラスタイプ、フィルム/ガラスタイプ)に加え、 静電容量式タッチパネル(自己容量式、相互容量式)もラインナップしています。
タッチレス操作パネル 通常の静電容量式タッチパネル機能に加え、近接操作、ホバー操作も可能になり、 より直観的な入力を実現します。
タッチスイッチ
(CapLux Touch™)
曲面のカバーパネルや筐体にも貼り付けが可能な静電容量式タッチスイッチです。 操作部のデザイン向上に貢献します。
リモコン 車載用途でお使いいただける各種標準品リモコンに加え、RSE用途に適したカスタムリモコンにも対応します。
    RSE:Rear Seat Entertainment
スイッチ 車載用途に適した高信頼のスイッチです。
幅広いストローク、荷重レパートリーを取り揃えています。
タッチパッド 弊社独自のアルゴリズムにより、車載用遠隔操作デバイスとしての高い信頼性を実現します。

タッチパネル

項 目抵抗膜方式静電容量方式
高透過/低反射車載の厳しい環境下でも使いやすい高透過・低反射のタッチパネルをご提供します。タイプ別の構造図と原理はこちらをご覧ください。カーナビゲーション、カーオ―ディオ等の車載用途に要求される厳しい温度仕様に対応した静電容量方式タッチパネルです。構成例等はこちらをご覧ください。
マルチタッチ抵抗膜式タッチパネルの新たな入力方法の提案として開発した近接センサー機能の付いたタッチパネルです。タッチパネル操作面から5cm以内の距離で検知することが可能です。
詳細はこちら
2~10点の多点入力が可能です。
動作原理は>こちらをご覧ください。
相互容量とは
近接センサータッチレス操作パネル
触覚タッチパネルからスイッチを押したときの感触が得られます。
詳細はこちら
2段階入力及び振動を実現する静電容量方式タッチパネルです。
詳細はこちら
軽荷重従来品に比べ軽い操作感です。
詳細はこちら
0N
 

車載向け静電容量方式タッチパネルの製品情報ページへ

デモご希望などのお問い合わせはこちら