カーエレクトロニクス市場への取り組み
SMKトップ > SMK カーエレクトロニクス市場への取り組み > カーエレ市場への取り組み(安全/safety)
Safety

背景

自動車の自動運転の実現に向けて、運転支援・予防安全・衝突安全の技術進歩が顕著です。安全技術確立には電気的制御が必須となっています。電子部品レベルでは、センサーやカメラによる運転支援及び物体検知、各種コネクタでの確実な接続による高速伝送などの機能がますます求められています。

現在の課題

・安全部品としての高信頼性の確保
・物体検知距離の延長/物体検知範囲の広角化

SMKのご提案

・耐熱/耐振動性能など車載仕様準拠の高信頼性部品
・高画素/高画質、狭角~広角の車載カメラモジュール

運転支援及び物体検知で用いられるセンサー・カメラの種類と認識範囲

【運転支援及び物体検知で用いられる
センサー・カメラの種類と認識範囲 】

製品ラインアップ

カメラモジュール 純正向け車載各種用途に適した100万画素以上の高画素/高画質カメラモジュールです。多彩な画角バリエーションをラインアップしています。カスタム対応に関してもサポート可能です。
基板対FPCコネクタ 車載向けFPCコネクタのご紹介です。高い接触信頼性とFPC保持力、簡単で確実な操作性などで、多様な車載用途で採用いただいています。
高周波同軸コネクタ 高い周波数帯域に対応し、GPS、ETC、車載メディアなどにご使用いただける製品です。 小型、省スペースにも対応します。

デモご希望などのお問い合わせはこちら