CSR
SMKトップ > CSR > 品質向上

品質向上

品質向上への取り組み

SMKでは、国際規格であるISO9001をベースに一貫した品質保証システムを構築しています。信念として掲げているのが「絶対品質」です。その根幹にあるのは、直接製造に関わる部門だけではなく、会社全体で実現すべきものであるという考え方です。SMKの品質は、『ZD(Zero Defect)』を目指しています。営業から開発、設計、製造、検査、そして出荷、納品に至るまで、それぞれが各自の業務の質を上げ、それを全うすることで、初めて品質は保たれるのだと考えています。特に力を入れているのは、製造工程での問題発生をそれ以前の製品開発段階において予防するフロントローディング(Front-Loading)およびDR(Design Review)の定着です。

クリーンルームでの外観検査:フィリピン

 

CS (Customer Satisfaction) 向上への取り組み

  SMKは自らが社会に役立つ存在であることを求めて、グループ企業行動憲章の第一の原則として「顧客の信頼を得る」ことを掲げています。SMKの企業としての存在意義・価値を決める最も大きな要素がCS(Customer Satisfaction; 顧客満足)です。顧客満足の基礎はやはり製品の品質、そして販売の品質であり、営業、設計技術者、生産技術者、品質管理技術者や、製造・生産の現場が一丸となって品質向上に取り組んでいます。

また一方では、事業部を横断して設計・生産・品質部門など様々な立場の社員が一堂に集まって議論し、品質についての全社的なガイドラインやルール化を目指すプロジェクトも進めています。

SMKでは毎年CSアンケートを実施し、製品の品質に限らず、私たちの活動の内容や成果がお客様にどのように受けとめられているのか、を調査しています。その結果は、全社にフィードバックし、新たな活動の計画に反映して、さらなるCSの向上を目指していきます。

>

製品設計 打合せ:アメリカ


 

サプライチェーン・マネジメント

お客様に提供する製品を作り上げるのに、多くの協力会社の力を借りています。SMKには、協力会社を含めたサプライチェーンを管理する義務があります。 SMKでは、新たな協力会社には現地工程監査を含む厳正な審査を経て発注します。また、定期的に監査を行い、工程管理活動を確認しています。さらに、協力会社との品質連絡会を定期的に開催し、日常の品質推移状況をフィードバックするとともに、技術的課題解決のための議論や情報共有も行っています。

 SMKは地球環境保全やCSRの活動にも注力しており、協力会社の皆様にも活動して頂きたいことを「グリーン調達ガイドライン」「サプライチェーンCSRガイドライン」等にまとめ、これらの活動の一端を担って頂いています。

         毎月開催している品質向上会議:メキシコ